ホーム サービス・ソリューション
防災事業
(詳細) 中部圏内の20%問題

サービス・ソリューション

(詳細) 中部圏内の20%問題

南海トラフでは100~150年周期で大地震の発生が予測されています。 前回(昭和東南海地震(1944年)及び昭和南海地震(1946年))から既に70年以上が経過し、次の大地震発生の可能性が高まってきています。
私たちは被害想定の大きい中部圏において、人口動態を踏まえたデータの抽出、取りまとめを行いました。
その結果、備蓄という観点から置き去りになる人たちが、人口の20%もいることを知りました。
私たちはこれを「備蓄食に関する20%問題」と提唱し、ここに考え方や詳細データを公開いたします。

中部圏内の人口 1,705万人のうち、

置き去りにされる人々

データ

疾病により食事の制限を受ける患者

■傷病の種類を、食事の傷病への影響度により、4つのカテゴリーに区分(A:命に関わる、B:病状悪化(影響大)C:影響少、D:影響なし)
■食事の影響度が高いA、Bのカテゴリーが食事制限を受ける患者と定義

疾病により食事の制限を受ける患者

カテゴリーA、Bに該当する傷病

カテゴリーA、Bに該当する傷病

中部圏内、傷病カテゴリー別人口

傷病カテゴリー別人口

中部圏内、食物アレルギー患者数

■顕在的な症状はないが、原因となる食べ物の摂取で全身にアレルギー症状が発症する
■原因となる食べ物は、卵、牛乳、小麦が多く、通常の備蓄食では対応できない

食物アレルギー患者数

中部圏内、高齢者、幼少児人口

■85歳以上の高齢者、5歳未満の幼少児が「食の制約を受ける人々」と仮定
■年齢別人口よりそれぞれを算出

高齢者、幼少児人口

中部圏内 特定宗教者の人口

■中部圏内の外国人居住者のうち、イスラム教、ヒンドゥー教、ユダヤ教徒が食事制限ありと仮定

特定宗教者の人口

中部国際空港 入出国外国人数/1日平均
(イスラム・ヒンドゥー・ユダヤ教徒の存在する国を抜粋)

法令順守だけではカバーできない人たちの割合

【参考】世界の食の規制

イスラム教徒:ハラルミール(モスリムミール)

  • 全世界に16憶以上の信者がいる
  • 合法的で許されたものを「ハラル」と呼び、そうでないものは食べてはいけない
  • 豚やアルコールなどを口にしてはいけない
  • ラマダンの間は日の出から日没まで断食
  • ヒンドゥー教徒:ヒンドゥーミール

  • 全世界に11億以上の信者がいる
  • 牛肉、魚介類、卵を食べてはいけない
  • 乳製品、飲酒は可能
  • ユダヤ教徒:コーシャミール

  • イスラエルや米国を中心に約1,300万人、富裕層が多い
  • 食べて良いものを「コーシャ」と呼び、そうでないものは食べてはいけないとされている
  • 一部鶏類、馬、豚、うさぎ、エビ、カニ、貝類、うろこのない魚(ナマズなど)は食べてはいけない
  • 牛、鹿、羊(二つにわれているひづめのある反すう動物)は食べてもよい
  • 鶏類で食べられるものは鶏、鴨、アヒル、ガチョウ、七面鳥
  • コーシャ認定のお酒は可
  • 組み合わせの制限あり(肉と魚は×、肉と乳製品は×)
  • ベジタリアン・ヴィーガン:ベジタリアンミール

  • ヒンドゥー教やジャイナ教を信仰するインド国民や倫理面・健康面を気にする欧米人
  • ベジタリアン植物性の食品と卵は食べるが魚や肉は食べない
  • ヴィーガンは卵、牛乳、はちみつを含む一切の動物性食品の摂取はさける
  • 魚介類は食べられるベジタリアンもおり、人によって食の制限の内容が異なる
  • 資料請求・お問い合わせはこちら