ホーム サービス・ソリューション
インバウンド・キャッシュレス・地域創生
キャッシュレス決済サービス『Lakala(ラカラ)』

サービス・ソリューション

キャッシュレス決済サービス『Lakala(ラカラ)』

キャッシュレス決済サービス Lakala(ラカラ)

キャッシュレス決済のいま

キャッシュレスは「現金以外の方法で支払うこと」と言われ、クレジットカードや電子マネー(交通系ICカード、流通系ICカードなど)など、その種類は多岐にわたります。特に2018年末からQRコード決済が爆発的に拡がり、キャッシュレス決済はより身近なものとなってきました。

また2019年10月に消費増税と、キャッシュレス・消費者還元事業がスタートいたします。まだキャッシュレス決済サービスを導入していない企業、小売店にとっては、国の支援を受けながら導入するまたとない機会で、キャッシュレスの更なる拡大が見込まれています。

主要なキャッシュレス決済の種類

主要なキャッシュレス決済の種類

「Lakala(ラカラ)」で始めるキャッシュレス決済

ラカラは中国最大の決済サービス代行業者(アクワイアラ)で、2018年2月に日本法人ラカラジャパンを設立いたしました。ラカラジャパンの決済サービスはAlipay、WeChat Payの中華系決済をはじめ、日本国内の主要なクレジットカード、QRコード、電子マネー決済に対応しています。

Lakalaのメリット1:端末ひとつで全てOK

ラカラジャパンの決済端末は all in one。全ての決済に端末一つで対応し、レジ周りをもっとシンプルにします。

Lakalaのメリット1:端末ひとつで全てOK
Lakala対応決済ブランド
Lakala対応決済ブランド

※1消費者還元事業者登録で、2019年10月から2020年6月末まで。事業者登録完了後の適用開始日より反映。

Lakalaのメリット2:選べるサービスラインナップ

ラカラジャパンでは、加盟店様の目的に合わせて三つのサービスから契約をお選びいただけます。

三つのサービスから契約をお選びいただけます。

Lakalaのメリット3:キャッシュレスを0円で始められるチャンス!

ラカラジャパンは【キャッシュレス加盟店支援事業者(B型決済事業者)】に登録されています。期間中、対象事業者は次の支援が国から受けられます。

1. 決済端末の無償提供

通常7万円の決済端末を事業参加の加盟店に、無償で提供いたします。決済端末の代金は、1/3はラカラジャパン、2/3は国が負担をします。

決済端末の無償提供
2. 決済手数料が実質2.16%

期間中は、主要クレジットカード、QRコード、電子マネー決済の決済手数料を引き下げます。契約手数料のうち1/3は国が補助するため、通常手数料の2/3負担となります。

決済手数料が実質2.16%

Lakala インバウンドプロモーション

日本国内の決済サービス会社とラカラの最大の違いは、インバウンドマーケティングです。ラカラは中国に広大な「人のネットワーク」を持ち、訪日中国人を対象とした「旅マエ・旅ナカ・旅アト」のプロモーションを実現します。

インバウンドプロモーション

また訪日中国人の消費行動・移動行動をビッグデータとして収集し、分析結果をレポートいたします。分析レポートは、訪日中国人のリアルな動向や、今後のインバウンド戦略にご活用いただけます。

分析結果レポート

ラカラ(Lakala/中国語表記:拉卡拉)ご紹介

ラカラは中国最大の決済サービス代行業者(アクワイアラ)です。中国全土でAlipay、WeChat PayのQR決済サービスを代行しており、1日の取引回数2,500万回、年間取引額72兆円と中国金融市場に大きな影響力をもっています。
またCBインサイツが公表するユニコーンリストにも登場する、世界で有数のユニコーン企業でもあります。2019年4月には同業界では異例のスピードで、中国深圳証券取引所へ上場いたしました。
ラカラ、およびラカラジャパンは、今後も日本のキャッシュレス経済推進を目指すとともに、更なるサービス向上に取り組んでいます。

キャッシュレス加盟店のお申し込みはこちら 資料請求・お問い合わせはこちら

提携先情報

株式会社ラカラジャパン

中国国内で上位に位置付けられる電子決済プラットフォーマーとして、約1500万店舗の加盟店および法人ユーザー、数千万人の会員基盤を有し、年間流通総額は約72兆円に達します。2018年に日本法人を開設。Alipay、WeChat Payや、国内決済業者の電子決済代行サービスをはじめ、中国インバウンド向けサービスを提供します。