ホーム お知らせ・イベント お知らせ
災害要配慮者に向けて適切な避難食を ベル・データから防災備蓄管理システム ~BxLink~バージョン1をリリース

お知らせ・イベント

災害要配慮者に向けて適切な避難食を ベル・データから防災備蓄管理システム ~BxLink~バージョン1をリリース

2021年 04月 01日

ベル・データ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木明一、以下ベル・データ)は、災害の想定避難者数や属性に応じた最適な備蓄計画、在庫管理を支援するサービス 「BxLink(ビーリンク)」を、2021年4月1日より提供を開始いたします。

dashboard.png

ベル・データは、「災害と宇宙の知恵・経験・技術の概念を安心・安全暮らしに反映させ、よりよい未来を創造していく防災・宇宙フルフィルメントプロジェクト/BOSAI SPACE FULFILLMENT PROJECT(BSFP)」のパートナーとして、同プロジェクトに参画しています。
東日本大震災の被災経験から得た知見を東北から日本国内や世界へ広げることを目指す、株式会社ワンテーブル(本社:宮城県多賀城市、代表取締役社長:島田昌幸)とBSFPを通じて協業し、実際の避難所生活で浮かんだ課題に対処すべく、この度、防災備蓄管理システム「BxLink(ビーリンク)」を開発いたしました。

東日本大震災から10年を迎えた今なお、将来起こりうる災害への対策は十分ではありません。日本は災害大国と言われますが、被災時や避難所の生活品質(QOL)は他の災害先進国と比べまだまだ低いのが現状です。
ベル・データはQOLの中でも特に、「食」の問題に着目しています。
例えば国は地方自治体に対し、想定避難者数の3日分の備蓄を求めています。しかしこの備蓄基準では、高齢者・幼児・傷病者・持病を持つ方・特定の宗教の方など食の制限がある方は考慮されておらず、このような方々(以下、要配慮者)へ十分な食事を提供できません。
ベル・データでは、被災時に置き去りになってしまう可能性の高い要配慮者が人口の20%に上ると試算し、これを「発災時の20%問題」として提起しています。BxLinkはこのような要配慮者に対し、適切な食事や備品がいきわたり、高いQOLで避難所生活を送れるようにすることを支援いたします。
被災時の栄養基準や食品構成等については、BSFPアドバイザーでもある国立健康・栄養研究所国際災害栄養研究室 笠岡(坪山)宜代 室長の監修の下に開発しています。

またベル・データは、経済産業省/令和2年度「地域・企業共生型ビジネス導入・創業促進事業補助金」事業の一つ、「スーパー防災都市創造プロジェクト」において、事業参加自治体の防災担当の皆様にご意見・ご協力をいただきながら、BxLinkの有効性について検証と改良を重ねてきました。その結果BxLinkの備蓄計画支援機能や消費期限機能が、人的リソースが不足しがちな自治体にとって非常に有効なことを確認いたしました。

ベル・データは今後、被災経験者や自治体・企業の防災担当の皆様との協議・協業や事業化を通じ、新事業の開発や日本の防災力のアップデート、また防災産業の国外輸出の一助を担っていくことを目指します。

BxLink の4つの特徴

  1. 備蓄計画支援機能(BxLink Planner)
    想定避難者の人数をはじめ、アレルギー患者割合や嚥下困難者割合等の食に制限のある方にも配慮した最適な備蓄食・備蓄品の在庫計画を立案することを支援します。
  2. 備蓄在庫最適管理機能(BxLink Stock Optimizer)
    防災備蓄食・備蓄品の在庫数、入手出庫管理、並びに消費期限を備蓄倉庫単位で管理します。
  3. オペレーション支援機能(BxLink Operation Assistant)
    消費期限が近づいてきた食品・備蓄品については事前に担当者に通知することで、期限前の入れ替えやフードバンクへの寄付等を促進します。
  4. 外部連携機能(BxLink Connector)
    政府の備蓄在庫システムや他の倉庫管理システム、またはBxLink同士のデータを連携するための方法を提供します。

BELL・ホールディングス株式会社/ベル・データ株式会社について

BELL・ホールディングスとベル・データは、世界やお客様に安心を届けるべく、新規事業として防災分野の課題解決に取り組んでいます。
ベル・データは東日本大震災での被災経験を将来確実に発生すると言われている南海トラフ地震、首都圏直下型地震等に過去の学びを活かすべく、全国の自治体・民間企業、市民の皆さまへ東日本大震災での学びをソリューション化して展開することで、防災分野における公助・共助・自助のバランスの取れた世界の実現を目指します。

【会社概要】
会社名:BELL・ホールディングス株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル49F
代表者:中西 洋彰
設立:2010年2月
URL:https://www.bellholdings.co.jp/

会社名:ベル・データ株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル49F
代表者:鈴木 明一
設立:1991年7月
URL:https://www.belldata.com/
事業内容:インフラストラクチャー インテグレーター事業

【お問い合わせ】
ベル・データ株式会社 bosai DX ユニット
TEL:03-5326-4362
e-mail:bxlink@belldata.co.jp

【ご参考情報】
BELLグループ防災事業 :https://www.bellholdings.co.jp/service/prevention/bosai.html
防災・宇宙フルフィルメントプロジェクト:https://bsfp.jp/
国際災害栄養研究室  :https://www.nibiohn.go.jp/eiken/center/kokusai_saigai.html
株式会社ワンテーブル :https://www.onetable.jp/